MENU
アーカイブ

【APP×ふるさと納税】旅するあおぱんだとは?やり方を分かりやすく解説

旅するあおぱんだ
  • URLをコピーしました!

ふるさと納税すると、APP(Aopanda Party)がもらえるって聞いたけど本当?APPは持ってないけど大丈夫?やり方を詳しく教えてほしい!

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 旅するあおぱんだとは?
  • 旅するあおぱんだのやり方
  • 旅するあおぱんだのメリット・デメリット

メール通知登録ページで必要事項を記入すると、寄付受付開始の1時間前にメール通知を受け取る事が出来ます!

この記事を書いた人

ゆはな
ゆはな

NFTブロガー

  • ブログ歴2年目
  • 仮想通貨ブログ開始4ヶ月で収益7万超
  • 仮想通貨・NFTに700万以上投資
  • Twitterフォロワー数約3,500人

本記事を読めば、NFTを買ったことがない人でも、旅するあおぱんだをマスターして、NFTを楽しむことができますよ!

そもそも、NFTって何かよくわからん!という人は、こちらの記事でNFTに関連するワードを解説しているので、参考にどうぞ。

>>NFT用語集を分かりやすく解説

目次

APP(Aopanda Party)とはTikTokで人気のキャラクターNFT

あおぱんだ

APPとはTikTokで66万人以上のフォロワーがいる人気アニメーターのAo Uminoさん(@Devil_Kitties_)さんが手掛けているぱんだをモチーフにした国内のジェネラティブNFTコレクションです。

ジェネラティブNFTとは

プログラムによってランダムに作成されたアートをNFT化したもの

コレクション名APP(Aopanda Party)
販売日2022年10月30日
販売個数10,000個
販売価格0.001ETH
ブロックチェーンイーサリアム
公式DiscordPANDAO
販売ページOpenSea
APP(Aopanda Party)の概要

APPのキャラクターはSNSのアイコン用に特化したPFP(Profile Picture)コレクションです。

可愛くとても人気のあるNFTコレクションですね。

2022年12月時点では1ETH以上で取引されていて、販売価格の1000倍以上の価値がついています!

旅するあおぱんだとは、ふるさと納税するとAPPがもらえるNFT返礼品

旅するあおぱんだ

旅するあおぱんだとは、国内トップの取引量を誇るAPPと、「ふるさと納税×NFT」のパイオニアである「あるやうむ」が共同で開発するNFT返礼品です。

入手できるNFTは

APPのクリエイターが地域の

名産名所をモチーフにした愛くるしいデザイン

そこにAPPのキャラクターを組み合わせてオリジナルデザインを作成します。

寄付はポータルサイト「ふるさと納税NFT」を通じて受け付け、あるやうむが返礼品NFTの発行・送付までを管理します。

ふるさと納税×NFTについては、イケハヤ氏がマーケティングを担当しているNFTコレクション「CNP」でも実績があります。

ふるさとCNPとして2022年に7自治体から寄付受付が発表されています。販売済みの自治体では開始わずか数分で売り切れとなっており大きな注目を集めていますよ。

ちなみに、ふるさとCNPについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>【CNP×ふるさと納税】ふるさとCNPとは?やり方を分かりやすく解説

旅するあおぱんだのやり方3Step

あおぱんだ

ここでは、旅するあおぱんだのやり方について詳しく解説していきます。

STEP1:MetaMask(メタマスク)に登録する

メタマスク(MetaMask)とは、暗号資産(仮想通貨)ウォレットです。

簡単にいうと暗号資産を保管する「お財布」ですね。

返礼品の旅するあおぱんだを受け取るためには、メタマスクのような暗号資産ウォレットが必要になります。

メタマスクの特徴は以下のとおり。

メタマスクの特徴
  • ブラウザやスマホアプリで動作する
  • イーサリアムなどの暗号資産を保管できる
  • 入金・送金ができる
  • 日本だけでなく世界中で利用されている
  • 多くのDeFi・NFTに接続ができる

メタマスクの登録方法については以下の記事で解説しているので、サクッと作成しましょう!

>>メタマスクをインストールしてウォレットを作成する方法

STEP2:ポータルサイト「ふるさと納税NFT」で寄付する

メタマスクでウォレット作成が完了したら、ふるさと納税を行っていきます。

現在、公表されている自治体は熊本県高森町の1自治体のみ。

寄付のやり方についてはすでに実績のあるふるさとCNPと同じと想定されるので、ここではふるさとCNPを例に解説します。

STEP

開催される自治体の特設ページにアクセス。

>>ふるさと納税NFT(こちらはふるさとCNPのリンクです)

あるやうむHP

寄付する自治体毎にURLが異なっているので、事前にURL間違いがないか確認してください!

STEP

返礼品であるNFTを決めて「寄付をする」をクリック。

ふるさとCNP01
余市町のふるさとCNP寄付画面

在庫切れになっているNFTは売り切れなので注意しましょう!

STEP

名前やメールアドレス等とイーサリアムネットワークのウォレットアドレスを入力します。電話番号はハイフンを入力する必要があるので注意です。

ふるさとCNP02

事前にメタマスクを開いてウォレットアドレスをコピーしておくとスムーズですよ!

STEP

以下4点を確認して、チェックを入れてから「確認画面に映る」をクリック。

  • 寄付金の使い道
  • ワンストップ特例申請書の送付希望
  • メールマガジン受け取り
  • NFTの1年間の譲渡制限(旅するあおぱんだも同じ条件かどうかは未確認)
ふるさとCNP03
STEP

寄付者情報に誤りがないか確認したら「注文を確定し支払い画面に映る」をクリック。

ふるさとCNP03
STEP

最後にクレジットカード入力画面でカード情報を入力したら、寄付完了です。

ふるさとCNP05
STEP

支払いが完了するとメールアドレスにお知らせが飛んできます。

ふるさとCNP決済完了メール

STEP3:返礼品のNFTを受け取る

寄付が完了したら、返礼品のNFTを受け取りましょう!

寄付の時に入力したウォレットアドレスにあるやうむが送付してくれるので、こちらは送付完了を待つだけです。

寄付が完了して間もなくNFT送付完了のメールが送られてきます。

ふるさとCNP-NFT送付完了メール

NFTが送信されたらOpenSeaにアクセスして、プロフィールから旅するあおぱんだがウォレットに入っているか確認しましょう。

ふるさとCNP-203
送付されたふるさとCNPのNFT

旅するあおぱんだのデメリット

ここでは、ふるさとCNPのデメリットについて解説します。

発行されるNFTが少数なので売り切れリスクがある

今回の旅するあおぱんだについて

1自治体につきNFT発行数は333種類(早いもの勝ち)

ふるさとCNPでは1自治体あたり222点だったので、販売開始数分で売り切れとなりました。

旅するあおぱんだについても発行数は多くないのですぐに売り切れとなる可能性があります。

ただし、旅するあおぱんだはこれから提携自治体が増えてくるのでチャンスはたくさんあります

寄付額は少し高め予想

旅するあおぱんだの寄付額は

3万円/種類

食品などのふるさと納税返礼品と比べると少し高額設定となりそうです。

ふるさと納税で寄付できる金額は一人ひとり異なります

すでに寄付上限額までふるさと納税している場合は、自分で負担するか、翌年になるまで待つ必要があるので注意しましょう。

ちなみに、寄付できる金額はこちらのサイトでシミュレーション可能ですよ。

>>ふるさと納税できる上限額を確認してみる

旅するあおぱんだは1年間転売はできない

通常のNFTであればOpenSeaなどですぐに転売することができますが

旅するあおぱんだは1年間の転売制限があります

すぐに転売はできないですが、旅するあおぱんだを持っていることで自治体ごとに特典を受けることができますよ!

旅するあおぱんだのメリット

あおぱんだ

次に、旅するあおぱんだのメリットについても解説していきます。

暗号資産(仮想通貨)がなくてもNFTが手に入る

ほとんどのNFTは暗号資産(仮想通貨)を使って購入しますが、旅するあおぱんだは

日本円でNFTを入手することが可能

寄付の支払い方法は以下のとおり。

  • 3Dセキュアに対応したクレジットカード(未確認)

通常のネットショッピング感覚でNFTが入手できるのは簡単でありがたいですね!

自治体やAPP運営から特典が受けられる

旅するあおぱんだを入手することで、特典を受けることができます。

現時点で発表されている保有者特典はこちら。

ショートアニメのクレジットへ氏名掲載する権利

「各地域のキーパーソンが大切にしている言葉」を紹介するショートアニメが作成されるので、そこに自分の名前が掲載されるというこれまでにない新しい特典です。

ゆはな

アニメに名前が掲載されるとかめちゃくちゃ名誉なことですね!

APPの価値がさらに高まる

これはAPPのNFTを保有しているユーザになりますが

旅するあおぱんだによってAPPの認知拡大や信頼性が上がることで、APPの価値がさらに向上することが想定されます。

NFTで稼ぎたいと考えている人は今のうちにAPPも買ってみるといいかもしれません。

まとめ:旅するあおぱんだを入手してNFTをもっと楽しもう!

あおぱんだ

旅するあおぱんだはふるさと納税で地域を応援しながらAPPが入手できる画期的かつ素敵なサービスです。

NFTには興味があるけど、暗号資産を買うのはちょっと怖いな……と考えている人には最適ですね。

これから連携する自治体が増えてくるとAPP自体の価値も高まることが予想されます。

今のうちに暗号資産取引所の口座を開設しておけば大きな波に乗ってNFT投資で稼ぐこともできるはずですよ!

ちなみに、初めて暗号資産を買うなら1円から暗号資産(仮想通貨)が買える「ビットフライヤー」がおすすめです。

アプリがとても使いやすく初心者でも簡単に購入・送金することができます!

手数料についての重要なご案内

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大で5%ほど損します

10万円購入で最大5,000円の損。仮想通貨を円に戻す時も損に……

人気のコインチェックでは、NFTで使うETHが「販売所」でしか買えません。

大損しないために必ずビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

\無料10分、当ブログ限定2,500円分のBTCもらえる/

ビットフライヤーおすすめ理由5選

>>【当ブログ限定!2,500円分のBTCもらえる】ビットフライヤー口座開設方法

>>【YouTube広告ゼ】Brave(ブレイブ)ブラウザの使い方・やり方ガイド

>>ビットレンディングの始め方4ステップ

>>【初心者向け】NFTアートの始め方・買い方をわかりやすく解説|OpenSea

>>NFTの専門用語集・意味を分かりやすく解説【初心者向け】

>>【初心者向け】おすすめの仮想通貨ブログ・NFTブログ

BitFlyer_基本バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中!ポチッと応援お願いします♪
旅するあおぱんだ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次