MENU
アーカイブ

NFTの専門用語集・意味を分かりやすく解説【初心者向け】

NFT用語集
  • URLをコピーしました!
ゆき

NFTって話題になってるけど、専門用語が飛び交っていてよくわからない……初心者にも分かるように解説してほしい!

こんなお悩みを解決します。

本記事では次のことをお伝えします。

本記事の内容
  • NFTとは?
  • NFTの基礎用語・専門用語を解説
  • NFTが勉強できるオススメ書籍

この記事を書いた人

ゆはな
ゆはな

NFTブロガー

  • ブログ歴2年目
  • 仮想通貨ブログ開始4ヶ月で収益7万超
  • 仮想通貨・NFTに400万以上投資
  • NFTの含み益は300万超
  • Twitterフォロワー数約3,100人
nft-2022114w
ウォレットのNFTコレクション

本記事を読めば、NFT初心者でも知識を得ることができてNFTを楽しめるようになりますよ!

用語はなるべくかみ砕いて丁寧に解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみに、NFTを始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、事前にビットフライヤーで口座を開設しておきましょう!

>>【2,500円分のBTCもらえる】無料10分でビットフライヤーの口座を作る

口座開設方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>ビットフライヤーの口座開設方法を解説

【当ブログ限定!!!】2,500円分BTCもらえる!
ビットフライヤーキャンペーン

暗号資産取引所のビットフライヤーで特大キャンペーンが開催中です!

今なら当ブログ経由で新規口座開設すると

2,500円分の

ビットコインがもらえます!

無料&たった10分の作業で2,500円ゲットできる大チャンス!

こんなチャンスは滅多にないので、まだ口座開設していない人はサクッと登録してお得に暗号資産を受け取りましょう!

>>【2,500円分のBTCもらえる】ビットフライヤーの口座を作る

用語集は2022年12月時点の内容です。今後も随時更新していく予定です。

目次

NFT用語集(基礎編)

NFT用語集基礎編

ここでは、NFTの基礎用語について解説していきます。

NFT

NFTとは、Non-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略で「非代替性トークン」という意味です。

これだけだと「???」なので具体的に説明しますね。

簡単にいうと

世界にひとつだけのデジタルデータ

今までのデジタルデータはインターネット上に公開されると、だれでも簡単にコピーできるので所有者を特定することが難しく、複製し放題なので価値をつけることもできませんでした。

しかし、NFTの技術を利用すればデジタルデータにシリアル番号や取引履歴が記録される(しかも改ざんが困難)のでデジタルデータにも資産としての価値が生まれるようになりました!

CNPのコレクション
保有しているNFTのCNP

私が保有しているCNPは日本でトップのNFTコレクションで、22,222点作成されていますが

  • 1点ごとに所有者が誰なのか?
  • 誰がいつ売って・いつ買ったのか?

が、すべて記録されていて、誰でも簡単に確認することが可能です。

NFTは「デジタルデータに希少性をもたらす」ことができるようになった技術なのです。

ちなみにCNPが気になる人はこちらの記事で買い方について詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>【初心者向けNFT】CNPの買い方・購入方法をわかりやすく解説

ETH(イーサリアム)

ETH(イーサリアム)とはビットコインに続く、時価総額2位の暗号資産です。

多くのNFTはイーサリアムブロックチェーンを使っているので、NFTを購入するには暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムが必要になりますよ。

まだ暗号資産取引所の口座を持っていない!という人は

のどちらかで口座を作ることをおすすめします!

スマホアプリがとても使いやすくて初心者でも簡単に操作できますよ!

口座は無料で作ることができるので、サクッと開設してイーサリアムを買ってみましょう!

>>無料でコインチェックの口座を作る

>>【2,500円分のBTCもらえる】無料10分でビットフライヤーの口座を作る

口座開設に不安のある人は、以下の記事が役に立ちます!

コインチェックの口座開設方法はこちら!

ビットフライヤーの口座開設方法はこちら!

口座開設が完了したら、下記の記事を参考にイーサリアムを買いましょう。

>>コインチェックでイーサリアムの買い方を解説

>>イーサリアムをビットフライヤーの取引所で買う方法を解説

【当ブログ限定!!!】2,500円分BTCもらえる!
ビットフライヤーキャンペーン

暗号資産取引所のビットフライヤーで特大キャンペーンが開催中です!

今なら当ブログ経由で新規口座開設すると

2,500円分の

ビットコインがもらえます!

無料&たった10分の作業で2,500円ゲットできる大チャンス!

こんなチャンスは滅多にないので、まだ口座開設していない人はサクッと登録してお得に暗号資産を受け取りましょう!

>>【2,500円分のBTCもらえる】ビットフライヤーの口座を作る

ウォレット

ウォレットとは暗号資産やNFTを保管するためのお財布のこと。

お財布の種類にはいくつかありますが、もっとも有名なのはMetaMask(メタマスク)と呼ばれるウォレット。

NFT初心者の人はまずはMetaMaskをインストールしてNFTを始める準備をしておきましょう。

MetaMaskについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>メタマスク(MetaMask)をインストールしてウォレットを作成する方法

OpenSea

OpenSeaとはNFTの取引が行われているデパートのこと。

NFTマーケットでは世界最大級の規模で、日本のNFTプロジェクトの多くもOpenSeaで取引されています。

OpenSeaでは

簡単にNFTの作成から販売までを行うことができます

OpenSeaでNFTの取引をするには暗号資産が必要になります。

NFT取引するなら初心者に使いやすい国内最大手の取引所「コインチェック」や「ビットフライヤー」で事前に口座開設しておくといいですよ!

アプリが直感的で初心者でもめちゃくちゃ使いやすいです。

口座は無料で作ることができますよ!サクッと開設して自分で仮想通貨を買ってみましょう!

>>無料でコインチェックの口座を作る

>>【2,500円分のBTCもらえる】無料10分でビットフライヤーの口座を作る

口座開設に不安のある人は、以下の記事が役に立ちますよ!

コインチェックの口座開設方法はこちら!

ビットフライヤーの口座開設方法はこちら!

ガス代

ガス代とはNFT取引をする際に必要な手数料のこと。

NFTはイーサリアムと呼ばれるブロックチェーン技術を使って取引を記録しており、ログを記録するために手数料が必要になります。

SHINZO NFT購入方法07
NFT購入時のガス代画面

手数料は取引時間によっても変動するので、よく確認して取引を実施するようにしましょう。

ミント(Mint)

ミントとは、作品をNFT化すること。

ミントすることで初めて作品に固有IDや所有者がブロックチェーン上に刻まれます。

OpenSea-mint
Mintした後のNFTの情報

一度刻まれると改ざんは困難になるのでミントされたデータは唯一無二のデジタルデータになります。

ガチホ

ガチホとは購入した暗号資産やNFTを売らずに長期で持ち続けること。

私も基本的に長期目線で考えているのでガチホです!

運用実績を毎週更新しているので気になる人は参考にどうぞ。

SCAM

NFTをはじめとした、暗号資産の世界ではScam(詐欺)が多数発生しています。

メタマスクのパスワードやリカバリーフレーズを他人に絶対教えてはいけません!

DMもほぼ詐欺と思った方がいいです。

OpenSeaもGoogle検索したら上位表示されたサイトが偽サイトだったこともあるので

NFT初心者は必ずプロジェクト公式HPやDiscord経由でアクセスするようにしましょう!

NFT用語集(専門編)

NFT用語集専門編

ここでは基礎編からさらに専門的な用語について解説していきます。

プレセール

プレセールとは、一般販売の前に行われる販売のこと。

プレセールに参加できるのはWL(ホワイトリスト)を持った人に限定されることが多いです。

パブリックセール

パブリックセールとは一般販売のこと。

プレセールから数時間後や翌日にパブリックセールが行われることが多いです。

WL(ホワイトリスト)/AL(アローリスト)

WL/ALとは、NFT作品が販売される時に、一般の人よりも優先的に購入できる権利のこと。

多くの場合、WLを持っている人は、一般販売よりも少しだけ安く購入できます

MOE-KANO(AI ART DAO)
AI ART DAOのWLは0.001ETHで販売

参考に、WLをゲットする方法は主に以下の3つ。

  • リリースされるプロジェクトの関連NFTを既に持っている
  • DAOに参加して、NFTプロジェクトの貢献者として活動する
  • DAOやTwitterのキャンペーンに参加して当選する

一番簡単なのはTwitterキャンペーンに応募することですね。

気になったNFTがあればキャンペーン情報がないかチェックしてみてください。

エアドロ(Airdrop)

エアドロとは無料配布のこと。

条件を満たすことで仮想通貨やNFTを無料で獲得できるイベントが開催されることがあります。

Giveaway

Giveawayとは「NFTを他の人に無料でプレゼントする」ということです。

Giveaway企画をやる理由は以下のとおり。

  • NFT作品の認知度向上のため(NFTクリエーター目線)
  • NFT作品を応援するため(NFT投資家目線)

Giveawayについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>NFTのGiveaway企画とは?やり方・受け取り方を解説

リビール

リビールとは遅れて内容が公開される機能のこと。

リビール
リビール前後の比較

上の画像のようにMintしてすぐは画像がわからない状態ですが、翌日など時間が経ったあとに画像が確認できるようになります。

フロア

フロアとは最安値のこと。

OpenSeaではNFTプロジェクトごとにフロア価格がすぐに確認できるようになっていますよ。

CNPのフロア価格
CNPのフロア価格

PFP(Profile Picture)

PFPとはSNSなどのアイコンに使われる画像のこと。

現在のNFTはPFP向け画像のプロジェクト割合がけっこう多いです。

SBT(Soul Bound Token)

SBTとはだれにも受け渡すことができないNFTのこと。

通常のNFTであればOpenSeaなどで取引することが可能ですがSBTでは取引不可能です。

会員証や免許証などの身分証明をデジタル化する際にSBTの活用が期待できます。

Swap

Swapとはべつの通貨に交換すること。

OpenSeaではETH(イーサリアム)とWETH(ラップドイーサ)が主に取引で使われていますが

ETHとWETHを簡単に交換することができます。

swap-opensea
OpenSeaのSwap画面

DYOR(Do Your Own Reseach)

DYORとは自分で調べましょうという意味。

TwitterやDiscordコミュニティ内のチャットでよく見られます。

AMA(Ask Me Anything)

AMAとは質問コーナーの意味。

NFTプロジェクトのファウンダーやマーケターの人がTwitterスペースでAMAを開催していることが多いです。

気になるプロジェクトのAMAが開催されていれば積極的に参加して質問してみましょう。

NFTが勉強できるオススメ書籍

Audible_about

ここではNFT初心者におすすめの本について紹介していきます。

NFTの教科書

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
書籍名NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来
著者増田雅史 ほか
発売日2021/10/20
価格(Amazon)単行本:1,980円
Kindle版:1,710円
Audible:0円

NFTを勉強するならまずは読んでおきたい1冊です。

アート、ゲーム、メタバース、トレーディングカード、ファッション、音楽などNFTの各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説しています。

ちなみに本書はAmazonのAudible(オーディブル)を利用することで無料で読む(聴く)ことができますよ!

Audibleの登録・解約方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>聴く読書「Amazonオーディブル」をレビュー!無料体験で聴き放題がオススメ!

NFTで稼ぐ方法を徹底解説

イケハヤさんNFT_Brain

こちらはすでに4,000人以上が購入した、イケハヤさんのBrain。

知識ゼロの初心者でも

  • NFTとは一体何か?
  • NFTの稼ぎ方
  • NFT投資詐欺を見抜くポイント

などが超分かりやすく解説されています!

NFTに関する40分以上の動画が2本もついて1,480円はかなりオトクです。

無料部分だけでも非常に勉強になるのでぜひどうぞ。

>>NFTで稼ぐ方法徹底解説

まとめ:NFT専門用語を勉強して、NFTの世界へ飛び込もう!

NFTGiveaway注意点

NFTは専門用語が多く並んでいて、難しいイメージがあります。

本サイトの用語を勉強するだけでもNFTの世界がぐっと身近に感じられると思うので、少しずつ知識を吸収してNFTにチャレンジしてみてくださいね。

ただし、NFT取引には詐欺も多いので慎重に実施するようにしましょう!

ちなみに、NFTを始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、事前にビットフライヤーで口座を開設しておきましょう!

>>【2,500円分のBTCもらえる】無料10分でビットフライヤーの口座を作る

口座開設方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>ビットフライヤーの口座開設方法を解説

【当ブログ限定!!!】2,500円分BTCもらえる!
ビットフライヤーキャンペーン

暗号資産取引所のビットフライヤーで特大キャンペーンが開催中です!

今なら当ブログ経由で新規口座開設すると

2,500円分の

ビットコインがもらえます!

無料&たった10分の作業で2,500円ゲットできる大チャンス!

こんなチャンスは滅多にないので、まだ口座開設していない人はサクッと登録してお得に暗号資産を受け取りましょう!

>>【2,500円分のBTCもらえる】ビットフライヤーの口座を作る

暗号資産を長期保有している方に朗報です!

ビットレンディングは暗号資産を預けておくだけで年利8%で増やしてくれる超お得なサービスです!

しかも複利がきくので、利子で増えた資産にも利子がつきます。

暗号資産のレンディング(貸し出し)サービスは色々ありますが

年利8%(国内最高)はビットレンディングのみ

メガバンクが0.001%の超低金利時代に年利8%って驚異的ですね!しかも複利運用が可能!

暗号資産を長期保有している人は、ウォレットに入れているだけだとめちゃくちゃ損していますよ。

私もビットレンディングで不労所得をゲットしています。

ビットレンディングの始め方はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

>>ビットレンディングの始め方4ステップ

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中!ポチッと応援お願いします♪
NFT用語集

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次