MENU
アーカイブ
目の前の”1000円”拾うと副業はうまくいく。案件はコチラ!

【徹底比較】Braveブラウザの危険性・安全性

当サイトはプロモーションを含む場合があります。
Braveブラウザ
  • URLをコピーしました!

・Braveブラウザってあまり聞かないけど危険はない?
・安全性って証明されているの?

こんなお悩みを解決します!

本記事の内容
  • Braveブラウザの危険性・安全性を分かりやすく解説
  • Braveブラウザ公式サイトへの問い合わせ結果
  • Braveブラウザの危険性に関するよくある質問

結論、Braveブラウザは安心して使える、安全性の高いブラウザです。

なぜなら、Brave公式情報以外の大学の研究結果や、有名なブラウザ「Firefox」などで安全性が公表されているから。

有名なブラウザじゃないと、使って問題ないのか心配になりますよね。

今回は、Braveブラウザが安全に使える理由について、第三者の評価とBrave公式情報の2つに分けて、解説していきます。

本記事を読むことで、Braveの危険性の不安が消えて、快適なブラウザ体験ができるようになりますよ!

Braveで稼ぐためのポイント

Braveで稼ぐには、ビットフライヤーの口座が必要です。

やることは、口座作成のみでOK。稼いだ仮想通貨が自動で口座に入金されます!

口座開設は、時間がかかる場合があるので、先に無料で作っておくといいですよ。

今なら、ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中!

限定コードveno1n1o」を入力してオトクに始めましょう!

\無料10分、スマホでもかんたん!/

限定コード「veno1n1o」忘れずに

目次

Braveブラウザの危険性・安全性を徹底検証

Braveブラウザ

Braveブラウザの危険性・安全性について、3つの観点で解説します。

ダブリン大学の研究結果

まずは、ダブリン大学トリニティ・カレッジで実施された、「どのブラウザが一番安全か」という研究結果です。

研究対象ブラウザ
  1. Google Chrome
  2. Firefox
  3. Safari
  4. Brave Browser
  5. Microsoft Edge
  6. Yandex Browser

有名なブラウザが並ぶ中、調査結果の中に、以下の記載があります。

人気Webブラウザを比較した調査で、ChromeやFirefox,Safariなどのなかで最も安全だと結論づけられたのはBrave Browserだった。

Braveブラウザ比較
COINPOST

Braveブラウザは単独1位を獲得しています。

スクロールできます
順位評価ブラウザ名
1位Brave Browser
2位Chrome・Firefox・Safari
5位Microsoft Edge・Yandex Browser

大学の研究発表は、非常に信頼性が高いですよね。

ゆはな

よりくわしく知りたい方は、原文のWeb Browser Privacyを参照ください。

角川アスキー総合研究所の研究結果

角川アスキー総合研究所によると、7つの主要ブラウザのなかで、「Braveブラウザが最も表示速度が速い」と結論づけています。

角川アスキー総合研究所
角川アスキー総合研究所の調査結果
研究対象ブラウザ
  1. Safari
  2. Google Chrome
  3. Firefox
  4. Brave Browser
  5. Smooz
  6. Firefox Focus
  7. Opera Touch

実際の表示速度結果を見ても、BraveブラウザがNo.1を獲得していますね。

角川アスキー総合研究所のブラウザ表示速度
主要Webブラウザの合計表示速度比較

第三者機関による研究結果から、Braveブラウザは「危険性が低く、主要ブラウザの中で最も表示速度が速いブラウザ」であると言えます。

Firefox公式サイトによる評価

FirefoxとBrave比較

人気ブラウザである、「Firefox」の公式サイトで、Braveブラウザの比較結果が公開されています。

Firefoxの見解はこちら。

  • 高度なレベルの、プライバシーとセキュリティを提供
  • 高速で安全なブラウザであり、仮想通貨ユーザにとって魅力的
  • Chromeの拡張機能もサポート
  • 価値のあるセキュリティ機能を具備
FirefoxとBrave比較
Firefox公式サイト
FirefoxとBrave比較
Firefox公式サイト
ゆはな

Firefoxもオススメする「Braveブラウザ」は、安心できると言えますね。

>>Brave の拡張機能(アドオン)を導入する方法

Braveブラウザの危険性・安全性:公式サイトの見解

Braveブラウザ

続いて、Brave公式サイトが公表している、4つの情報について解説します。

ユーザー数5,000万人超

Braveブラウザのユーザー数は、5年連続で2倍以上増加していて、2021年末には5,000万人を突破しました。

Braveアクティブユーザ
Brave公式サイト

ちなみに、日本でも2020年にダウンロードランキング上位に並んでいます。

  • AppStore無料ランキングで2位
  • Google Playで7位

また、Braveブラウザは2021年5月に、日本の大手仮想通貨取引所である「ビットフライヤー」と業務提携しました。

ゆはな

Braveブラウザを使うだけで、「仮想通貨BAT」が自動で保管されます。

口座を作るだけで仮想通貨が貯まるので、無料で作っておきましょう!

Braveで稼ぐためのポイント

Braveで稼ぐには、ビットフライヤーの口座が必要です。

やることは、口座作成のみでOK。稼いだ仮想通貨が自動で口座に入金されます!

口座開設は、時間がかかる場合があるので、先に無料で作っておくといいですよ。

今なら、ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中!

限定コードveno1n1o」を入力してオトクに始めましょう!

\無料10分、スマホでもかんたん!/

限定コード「veno1n1o」忘れずに

>>【稼げるブラウザBrave】仮想通貨BATの稼ぎ方・貯めるコツ

運営会社と創設者

運営会社と創設者の情報は下記のとおり。

ブラウザ名Brave(ブレイブ)
開発国アメリカ
開発企業Brave Software社
創設者ブレンダン・アイク氏
公式サイトhttps://brave.com/ja/
Twitterhttps://twitter.com/bravesoftwarejp
対応OSPC: Windows ・ Mac 
Mobile: iOS / Android
Braveブラウザの概要

創設者である、ブレンダン・アイク氏の実績はこちら。

  • プログラミング言語「JavaScript」の生みの親
  • 「Mozilla」の元CEO
  • 有名ブラウザ「Firefox」の共同創立者

素晴らしい実績をもつCEOに加えて、経営陣はすべて名前と顔写真を公開しています。

ゆはな

透明性が高い企業ですね!

Google Chromeとの比較

Braveブラウザは「Google Chrome」と比較して、3つの項目ですぐれています。

  • メモリ消費:33%少ない
  • 読み込み速度:3倍高速
  • バッテリ持ち時間:1時間長持ち
BraveブラウザとChrome比較
Brave公式サイト

ブラウザ市場シェアNo.1の「Google Chrome」より優れている点は、見逃せませんね。

ちなみに、Safariとの比較動画もあります。

>>【完全版】Braveブラウザの使い方・やり方ガイド

プログラムコードはオープンソース

Brave公式サイト

Braveブラウザのプログラムコードは「オープンソース」になっています。

つまり、常にブラウザの中身を公開し、第三者機関の監視体制がとられているということ。

ゆはな

中身が見れたり、監視体制があるなど、透明性・信頼性が高いと言えます!

>>Braveブラウザの同期方法を解説|Android・iPhoneもOK

Braveブラウザの危険性・安全性について、公式サイトに問い合わせてみた

Braveブラウザ

Braveブラウザの危険性・安全性について、実際にBrave公式サポートへ問い合わせを行いました。

Brave公式サポート問い合わせ
危険性・安全性に関する問い合わせ

すると、問い合わせから数日後に、下記の回答がありました。

Brave公式サポート問い合わせ
公式サポートからの回答

Braveはユーザーの皆様のプライバシーを最優先に、プロダクト開発を行っており、それと同時に透明性の確保にも努めております。

その取り組みとして、Braveで使用しているプログラムコードは、オープンソースソフトウェアとして、一般に公開しており(https://github.com/brave)に、不審なプログラムが組み込まれていないことは、世界中どなたでも確認をすることができます。

実際の公式サポートからも、安全性の確認ができました。

  • ユーザーのプライバシー確保を最優先
  • 透明性の確保に努めている
  • プラグラムコードは公開していて、第三者機関で監視可能
ゆはな

質問に対して、迅速かつ丁寧な対応が行われている点も、評価できます。

>>【本気で調査してみた】Braveは中国と関係ある?どこの国?

Braveブラウザの危険性・安全性でよくある質問

Braveブラウザ

Braveの危険性・安全性に関する質問について、こちらでまとめます。

BraveでYouTubeにログインしても危険じゃない?

Braveは、安全性の高いブラウザなのでログインしても問題ありません。

さらに、YouTubeプレミアム相当の機能が無料で利用できるので、課金したくない人におすすめですよ!

  1. 動画広告をブロック
  2. バックグラウンド再生ができる
  3. オフライン再生ができる

>>【無料1分】BraveでYouTubeをバックグラウンド再生する方法

>>Braveのプレイリスト(Playlist)を徹底解説|オフライン再生OK

仮想通貨BATを持っていることで、危険性はない?

結論、まったく危険性はありません。

Braveブラウザを使っていると、自動で仮想通貨が貯まっていくので、仮想通貨を購入するわけではありません。

むしろ、今すぐBraveブラウザに切り替えることで、仮想通貨BATで毎日コツコツ稼ぐ体験ができますよ!

Braveで稼ぐためのポイント

Braveで稼ぐには、ビットフライヤーの口座が必要です。

やることは、口座作成のみでOK。稼いだ仮想通貨が自動で口座に入金されます!

口座開設は、時間がかかる場合があるので、先に無料で作っておくといいですよ。

今なら、ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中!

限定コードveno1n1o」を入力してオトクに始めましょう!

\無料10分、スマホでもかんたん!/

限定コード「veno1n1o」忘れずに

>>【稼げるブラウザBrave】仮想通貨BATの稼ぎ方・貯めるコツ

Braveブラウザで個人情報が抜かれることはない?

Braveは安全性を重視したブラウザであり、公式サイトでも個人情報を保存することはないと明言しています。

まとめ:Braveブラウザの危険性・安全性は問題なし!

Braveブラウザ

Braveブラウザは、「危険性はなく、安心して利用できるブラウザ」です。

大学などの第三者機関や人気ブラウザである「Firefox」からも高い評価を得ていますよ。

たった1分あれば、今のブラウザから無料で移行することができます。

さらに、ブラウザを使うだけでおこづかい(仮想通貨)が稼げちゃいます。

ぜひ、ワンランク上のブラウザを体験しましょう!

Braveで稼ぐためのポイント

Braveで稼ぐには、ビットフライヤーの口座が必要です。

やることは、口座作成のみでOK。稼いだ仮想通貨が自動で口座に入金されます!

口座開設は、時間がかかる場合があるので、先に無料で作っておくといいですよ。

今なら、ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中!

限定コードveno1n1o」を入力してオトクに始めましょう!

\無料10分、スマホでもかんたん!/

限定コード「veno1n1o」忘れずに

ビットフライヤーおすすめ理由5選

>>【稼げるブラウザBrave】仮想通貨BATの稼ぎ方・貯めるコツ

>>【完全版】Braveブラウザの使い方・やり方ガイド

>>【本気で調査してみた】Braveは中国と関係ある?どこの国?

>>【無料1分】BraveでYouTubeをバックグラウンド再生する方法

>>【無料・スマホ対応】うざいYouTube広告を1分で消す方法

>>【銀行預金の4,000倍】ビットレンディングの始め方4ステップ

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中!ポチッと応援お願いします♪
Braveブラウザ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次