MENU
アーカイブ

Googleアドセンスで米国の税務情報提出のやり方を解説

アドセンス税務情報
  • URLをコピーしました!
ゆき

アドセンス画面に「税務情報を提出してください」って、画面が出たんだけどどうればいいのっ!?

ブログやYouTubeでGoogleアドセンスを利用していると

下のような画面を目にするかと思います。

Googleアドセンスの警告画面
Googleアドセンスの税務情報に関する画面

「重要」と書かれているので、少し焦りますよね。

結論、Googleアドセンスで収益化するなら税務情報は提出したほうがいいです。

本記事では、Googleアドセンスの税務情報について詳しく解説していきます。

提出手順も画像を使って丁寧に説明しているので記事を見ながら完了させましょう!

この記事はこんな人にオススメ
  • 税務情報の提出が必要な理由を知りたい
  • Googleアドセンスの税務情報提出の手順を知りたい
  • 税務情報提出の際に「確認書類が必要です」とエラーが出るので解消したい
目次

税務情報を提出する理由

アドセンス税務情報の理由

Googleアドセンスを運営しているGoogleはアメリカの会社なので

収益や税金の情報をアメリカ税務局に報告する義務があります。

そのため、Googleアドセンスではアメリカで発生した収益に対して

税金を直接徴収する源泉徴収

を行っています。

税務情報の登録を行わない場合は米国の税制に基づいた税金が発生し、税率は最大30%になります。

ゆき

えっ、収益の30%も徴収されるの!

ゆはな

税務情報をきちんと提出すれば徴収されないから安心して!

>>米国の税務情報の報告と源泉徴収

税金を日本で納めているという証明が必要

日本に納税している人は「日・米租税条約」によって二重課税を防ぐためのルールが定められています。

そのため、税務情報(日本で納税している証明)をGoogleに提出することで

源泉徴収されることなく

Googleアドセンスの収益がそのまま振り込まれる

ことが可能です。

自身のGoogleアドセンス収益を確保するために税務情報を提出しましょう!

YouTubeとブログどちらも税務情報提出の必要がある?

税務情報提出に関してGoogleから以下の内容で周知されています。

居住地を問わず、YouTube で収益化を行っている世界中のすべてのクリエイターに、税務情報をご提出いただく必要があります。

Google への米国の税務情報の提出

現状はYouTubbeで収益化している場合が対象になっています。

  • ブロガー:税務情報の提出は任意
  • ユーチューバー:税務情報の提出が必須

ただし、ブロガーについても今後

税務情報の提出が必須になるかもしれないので、本記事を見ながら提出しておきましょう。

ゆはな

提出は5分もあれば完了するのでサクッと登録しましょう。

税務情報を提出する際に必要なもの

アドセンス税務情報準備物

Googleアドセンスの税務情報を提出する際に必要なものは

税務情報提出に必要なもの

になります。

また、本記事で紹介する手順については

  1. 日本在住の個人
  2. マイナンバーが交付されている
  3. 日本に納税している

の方を対象としています。

Googleアドセンスの税務情報の提出手順

アドセンス税務情報提出手順

ここでは、Googleアドセンスの税務情報の提出手順について解説していきます。

STEP

アドセンスにアクセスして「お支払い」>「設定を管理する」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順1
STEP

お支払いプロファイル」にある「名前と住所」の鉛筆マークをクリック。

氏名」をアルファベット表記に変更して「保存」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順2
STEP

アメリカ合衆国の税務情報」の鉛筆マークをクリックして、表示された「税務情報の管理」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順3
STEP

税務情報の管理画面に遷移したら、「税務情報の追加」>「税務フォームの記入を開始」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順4
STEP

口座の種類は「個人」を選択して「次へ」をクリックしたあと

米国民・米国の居住は「いいえ」を選択して「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順5
STEP

納税申告用紙は「W-8BEN」を選択して「W-8BENフォームの記入を開始する」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順6
STEP

納税者番号について以下のように入力して「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順7
納税者番号
  • 個人名:アルファベット表記で入力
  • DBA:空白
  • 市民権のある国:日本
  • 外国のTIN:マイナンバー
  • 米国のITIN:空白
STEP

住所情報を入力し、「送付先住所は定住所と同じである」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順8

住所の英語表記は「君に届け!」で簡単に英語住所に変換できますよ。

STEP

租税条約について以下のように入力して「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順9
軽減税率
  • 軽減税率の請求:はい
  • 米国との租税条約の適用のある国:チェック
  • 国:日本
特別な料率や条件
  • サービス(AdSenseなど)にチェック
  • 条項と段落:第7条第1項
  • 源泉徴収率:0%(軽減税率)
  • 条約の規定を満たしている理由にチェック
STEP

作成された書類を確認して、制約にチェックをいれたあと「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順10
STEP

納税証明の署名欄にアルファベット表記で名前を入力し

はい」にチェックを入れたあと「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順11
STEP

米国内の活動とサービス・宣誓供述書について以下のように入力して「次へ」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順12
米国内で行っている活動とサービス・宣誓供述書
  • 米国内でGoogleを対象に活動やサービスを行いましたか?:いいえ
  • 「私は、~」にチェック
  • 「お支払いを受け取ったことがない~」にチェック

アドセンスの報酬を過去に受け取ったことがある場合は「過去にお支払いを受け取ったことがある~」にチェックしてください。

STEP

税金に関するレポートについて「ペーパーレスを選択する」にチェックを入れて「送信」をクリックします。

アドセンスの税務情報提出手順13

郵送を希望する場合は「郵送で書類を受け取る」にチェックしてください。

STEP

フォームW-8BENがステータス「承認済み」、サービス「申請済み」と表示されたら完了です。

アドセンスの税務情報提出手順14
STEP
ゆはな

お疲れ様でした!

提出が完了するとGoogleから承認メールが届くので確認しておきましょう。

税務情報の承認メール
税務情報の承認メール

「確認書類が必要です」と出た際の対処方法

アドセンス税務情報対処方法

税務情報を提出した際に「確認書類が必要です」と表示された場合の対処方法を解説します。

税務情報の確認書類が必要です

画面にも記載されていますが

正式な氏名がアカウント名と一致していない

ことが原因です。

提出手順のstep2に戻り、アカウントの名前をアルファベット表記に変更してください。

氏名が一致できれば対処完了となります。

step14で承認されているか確認しておきましょう!

まとめ:Googleアドセンスの税務情報を確実に提出しよう!

アドセンス税務情報まとめ

本記事では、Googleアドセンスの米国の税務情報の提出手順について解説しました。

現状はYouTubeのみ税務情報の提出が必須ですが

ブログ運営者についても今後必須となる可能性があるので提出することをおすすめします。

税務情報を提出してGoogleアドセンスの収益を最大化しましょう!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Googleアドセンス合格後にやるべきことはこちらの記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

>>Googleアドセンス合格後にやること8選

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中!ポチッと応援お願いします♪
アドセンス税務情報

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次