MENU
アーカイブ

車内WiFiのオススメ構築方法3選|メリット・デメリットも解説

車内WiFi構築手法
  • URLをコピーしました!
ゆき

車内にWiFi環境を作りたいんだけど、どうすればいいの?詳しく教えてほしい!

こんなお悩みを解決します。

本記事では次のことをお伝えします。

本記事の内容
  • 車内WiFiおすすめ構築方法3選
  • 車内WiFiのメリット・デメリット

車の移動中に子どもにYoutubeやプライムビデオをついつい見せている間に

データを使い過ぎてしまった!という経験はありませんか?

昔みたいにたくさんのDVDをレンタルして準備するのもめんどくさいですよね・・・。

車内でも自宅みたいにWiFi環境があればいいなぁと思っている方は多いのではないでしょうか。

本記事では

車内にWiFi環境を構築するオススメの方法

について丁寧に解説していきます

車内がWiFi環境になると移動がもっと楽しい時間になりますよ!

\車内WiFiおすすめ構築方法3選/

スクロールできます
構築手法同時接続数メリットデメリット
テザリング10:Android
5:iPhone
・専用端末が不要
・コスパがいい
・車に乗る度にテザリング設定が必要
・テザリング端末が車から離れると切断される
+F FS030W15・端末代金が安い
・SIMフリー
・車の電源と連動可能
・車内専用SIMが必要
・SIMの形状がmicroSIM
DCT-WR100D5・データ通信量制限無
・利用シーンに応じた料金プラン
・耐熱性に優れている
・端末代金が高い
・停車が長いと切断される
・車以外で利用できない
富士ソフト
¥10,000 (2022/09/30 21:34時点 | Amazon調べ)
富士ソフト
¥11,980 (2022/09/24 15:02時点 | Amazon調べ)
目次

テザリング:最も料金を抑えた方法

車内WiFi-テザリング

もっともシンプルな車内WiFi構築手法は

手持ちのスマホのテザリング機能を活用することです。

なるべく費用を抑えてWiFi環境を構築したい

そういった人はまずテザリングによるWiFi構築の検討をオススメします!

テザリングのメリット

テザリングのメリット
  • 専用端末が不要
  • コスパがいい

テザリングのメリットはなんといっても車内専用端末を準備する必要がないことです。

データ無制限プランやahamoなどの中容量プランに加入している方であれば月々のデータ使用量の中でWiFiデータ通信量も対応できるので

WiFi環境を構築する為のコストはほぼ発生しません

契約している会社によってはWiFiテザリングが有料の場合があるので契約内容を確認してみましょう。

私も車内に限らず携帯ゲーム機やWiFi専用iPadを外で使用したい時に利用していますが

とても便利な機能で愛用しています♪

小容量プランの方はテザリングの使用データ量を加味して現状よりデータ量の多いプランへの見直しがオススメです!

ahamoについてはこちらの記事で解説しているの参考にどうぞ。

テザリングのデメリット

テザリングのデメリット
  • 車に乗る度にテザリング設定が必要
  • テザリング端末が車から離れると切断される

テザリングの欠点の一つが

ON/OFFの設定は基本手動となる為、利用する度に切り替えの設定が必要です。

よくある失敗パターンとしてはテザリングをONにしたまま車から家に入り、OFFにすることを忘れてしまう状況です。

テザリングをONにしたままだと、周辺機器が家のWiFiではなく自分の端末に接続し続けてしまうことがあり

想定外のデータ使用が発生する

可能性があります。

また、メリットで専用端末を準備する必要がないとご紹介しましたが、これがデメリットになる場合があります。

テザリング端末を持っている人が買い物や高速道路のパーキングで休憩する時に

車外に出てしまいWiFiが切断されるパターンです。

他の家族が車内で待っている時もWiFi環境を継続させたい場合は

端末を車内に置いていく必要があるのでかなり不便な状況になります。

テザリングはコスパが高い反面運用面が手間というデメリットがありますので

一度試してみて、合わないなと感じたら次に紹介する「+F FS030W」や「DCT-WR100D」の利用を検討してみてください!

+F FS030W:低料金で快適な環境

車内WiFi-FS030W

+F FS030Wとは富士ソフトが販売しているSIMフリーのモバイルルータです。

最近では学校のGIGAタブレットとセットで導入されている事例も多くあり

とても実績のあるモバイルルータです。

+F FS030Wの詳細スペックをご紹介します!

スクロールできます
サイズ高さ 約74mm 幅 約74mm 厚さ 約17.3mm
重さ約128g
電池容量3060mA(着脱可能)
対応SIMmicroSIM
充電端子micro USB Type-B
最大
通信速度
LTE:受信150Mbps 送信50Mbps
3G:受信42Mbps 送信5.76Mbps
Wi-Fi最大
通信速度
433Mbps
(IEEE802.11a/b/g/n/ac)
同時接続台数Wi-Fi:15台
Bluetooth:5台
USB:1台
連続通信時間Wi-Fi:20時間
Bluetooth:24時間
発売日2016年12月22日
実売価格約10,000円~13,000円

+F FS030Wのメリット

+F FS030Wのメリット
  • 端末代金が安い
  • SIMフリー
  • 車の電源と連動が可能

スマホを購入する場合、格安端末でも2万円はかかりますが

FS030Wは1万円台で購入が可能です。

車内の滞在時間は自宅と比べると少ない方が多いと思うので

端末代金が抑えられるのは大きなメリットですね。

FS030Wはバッテリー搭載のモバイルルータですので

利用は車内に限らずカフェや旅行先などでも活躍できるので幅広い利用が可能な点も非常に魅力的です。

逆にバッテリーを取り外して運用することで

車内の電源と連動することが可能

です。

車内電源からUSBケーブルを通じてFS030Wに接続することで

エンジン始動と共に端末が起動し、エンジン停止で電源が落ちます。

バッテリーが消耗されることもない上に

自宅に到着したあと車内WiFiを引っぱることもないので私は基本バッテリーレスで車に載せています。

また、FS030WはSIMフリー端末なのでどのキャリアのSIMを指してもすぐに使用可能です。

+F FS030Wのデメリット

+F FS030Wのデメリット
  • 車内専用SIMが必要
  • SIMの形状がmicroSIM

FS030Wはテザリングと異なり車内専用端末を設置するのでSIMの準備が必要となります。

また、FS030Wは最近のスマホで多いnanoSIMではなく

microSIMとよばれる少し大きいサイズSIMとなります。

楽天モバイルであれば契約時にSIMの形状を選択することが可能です。

nanoSIMの場合でもアダプタを利用することでmicroSIMとして利用できるのでnanoSIMを保有されている方はアダプタで対処しましょう!

富士ソフト
¥10,000 (2022/09/30 21:34時点 | Amazon調べ)

少し値段は上がりますが、FS040WだとnanoSIMに対応しているので気になる方はこちらも参考にどうぞ。

富士ソフト
¥14,990 (2022/09/16 15:24時点 | Amazon調べ)

DCT-WR100D:WiFi使い放題  

車内WiFi-DCT-WR100D

DCT-WR100Dはパイオニア カロッツェリアから販売されている車載専用のモバイルルータで車載に特化している分、通常利用よりお得な料金でWiFiを使用することができます。

通信回線はNTTドコモの「docomo in Car Connect」というサービスを利用する形となるので、他のキャリアを選択することはできません。

DCT-WR100Dの詳細スペックをご紹介しますね!

スクロールできます
サイズ高さ 44.5mm 幅 91.5mm 厚さ 16mm
重さ約50g(電源ケーブルなどは除く)
電池非搭載
対応SIMnanoSIM
動作音頭–10 ℃ ~ +60 ℃
最大通信速度受信150Mbps 送信50Mbps
Wi-Fi最大通信速度 IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz帯のみ対応)
同時接続台数5台
対応周波数2GHz/1.5GHz/800MHz
発売日2016年12月22日
実売価格約27,500円(税込)
料金プラン550円/日
1,650円/30日
13,200円/365日

DCT-WR100Dのメリット

DCT-WR100Dのメリット
  • データ通信量無制限
  • 利用シーンに応じた料金プラン
  • 耐熱性に優れている

DCT-WR100Dはデータ通信量に制限がない為、いくら使用しても料金が変わることはありません。

データ使用量のチェックをしなくてよいのは管理面でとても便利ですね!

また、料金プランが3種類用意されているので自分の生活シーンに応じたプランが選択できるのも魅力的です。

毎日の通勤や毎週末ドライブにでかける方などは1年プランがお得になりますし、普段はテザリングを利用しながらGWや帰省時のみ1か月プランを利用するという使い方も可能です。

車の使用で気になるのが車内温度ですが、 DCT-WR100Dは万が一故障した際、無償で修理対応できるメーカー1年保証付きです。

さらに過酷な車内環境でも動作するように耐熱動作(-10℃~+60℃)にも対応していますので真夏や真冬でも取り付けっぱなしで問題ありません。

電子機器は基本的に熱に弱いので耐熱性能に優れていることで安心して長期間利用できます。

DCT-WR100Dのデメリット

DCT-WR100Dのデメリット
  • 端末代金が高い
  • 停車が長いと切断される
  • 車以外で利用できない

DCT-WR100Dは便利な反面、端末代金が2万円台と高額である為、毎日利用しない方は負担が大きいです。

また、車載専用ルータの為、車以外での利用を制限する機能が搭載されており、停車時間が長いと自動的にWiFiが切断されてしまいます。

利用時の具体的な動作は下図を参考ください。

※エンジン始動後に、停車したまま30分が経過した後は、再度エンジンを始動してもWi-Fi機能はONになりません。走行を開始すると、Wi-Fi機能がONになります。

画像引用:pioneer

まとめ:車内WiFiで快適を手に入れよう!

車内WiFiまとめ

今回は、車内でWiFi環境を構築する3つの方法についてメリット・デメリットを解説しました。

個人的にはFS030Wと楽天モバイルの組み合わせがコストも安く使い勝手もよいので非常にオススメです

車内をWiFiエリアにすると移動時間がもっと楽しく快適に過ごせるようになりますよ!

スクロールできます
構築手法同時接続数メリットデメリット
テザリング10:Android
5:iPhone
・専用端末が不要
・コスパがいい
・車に乗る度にテザリング設定が必要
・テザリング端末が車から離れると切断される
+F FS030W15・端末代金が安い
・SIMフリー
・車の電源と連動可能
・車内専用SIMが必要
・SIMの形状がmicroSIM
DCT-WR100D5・データ通信量制限無
・利用シーンに応じた料金プラン
・耐熱性に優れている
・端末代金が高い
・停車が長いと切断される
・車以外で利用できない

富士ソフト
¥10,000 (2022/09/30 21:34時点 | Amazon調べ)
富士ソフト
¥11,980 (2022/09/24 15:02時点 | Amazon調べ)
ゆはな

自分に合ったWiFi環境を構築してくださいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中!ポチッと応援お願いします♪
車内WiFi構築手法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次